高級な世界へ行きたいと思いませんか?
地獄よりも天国に行きたいと思いませんか?
より神様や仏様に近付きたいと思いませんか?

でも、厳しい修行をしたり、徳を積んだり、ボランティアをたくさんしたり、寄付をしたり、愛の心とか、感謝とか、
大変なイメージがありませんか?

おじさん
おじさん
大変だし、見返りを求めて下心丸出しで善い事を行っても神や仏に近付けるとは思えない。

しかし、実は結構簡単なんです!!
死後の世界は、法則によって、自分の幽体に一番ふさわしい世界に行きます。
つまり、自分の幽体を高級にすれば、法則によって勝手に高級な世界に行きます。
幽体を高級にするには、高級な幽気をたくさん吸収すれば良いです。

1分で分かる動画を作りましたので、1分間だけでも見て頂きたいです。

最近の人は1分以上の動画は見ないと聞きましたので無理やり1分間にまとめていますが、
まだまだ説明し切れていません。

是非、もっと長い動画「動画で見る『死後 高級な世界へ行く方法』
もしくは、
霊魂学の基本的な事
マンガで見る『死後 高級な世界へ行く方法』
を見て頂きたいです。

※このブログは個人の理解の範囲で書いており、会の公式な見解ではありません。

死んだ後

死んだ後

一般の人は死んだ後の事は死んでからと考えている人が多いですが、

死んでからでは遅過ぎます。 

物質の世界では高級な人の指導を受けたり高級な霊魂を呼ぶ事が出来ますが、
死後の世界では不可能です。

死後の世界では自分の周りには自分と同レベルの人しかいませんし、 同レベルの人としか交流出来ません。 

自分より高級な霊魂を呼ぶ事もなかなか出来ませんし、
仮に運良く高級な霊魂に届いたとしても、その高級な霊魂が自分と同じ世界に来た時点でその高級な霊魂は自分と同レベルになってしまいます。

死んだ後はコツコツコツコツ努力して長い長い年月をかけて少しずつ成長する事になります。

コツコツ努力出来る環境であればまだ良いですが周りの人たちが常に争い、お互いの足を引っ張るような世界にしか入れなければ、恐らく成長する事は不可能で永遠にその世界か、お互いに傷付け合い更に下の世界へ行く事になると思われます。

現在のこの世の状況を読んで頂ければもうお分かりの通り、 今の世の中の人は恐らくそういう世界へ行きます。 
こういう話をすると生まれ変わるからいい、と考える人がいますが、 生まれ変わる事はありません。 

偉大なシャカ様は輪廻転生を説きましたが、
それはその当時の読み書きも出来ない人々に合わせて説いたものであって、本物の生まれ変わりは自分のごく一部、細胞の一つ程度が新しい受精卵に入るだけで、

自分はそのまま死んだままで永遠に死後の世界で暮らします。 

ですから、死んでからでは遅過ぎます。

コメント