高級な世界へ行きたいと思いませんか?
地獄よりも天国に行きたいと思いませんか?
より神様や仏様に近付きたいと思いませんか?

でも、厳しい修行をしたり、徳を積んだり、ボランティアをたくさんしたり、寄付をしたり、愛の心とか、感謝とか、
大変なイメージがありませんか?

おじさん
おじさん
大変だし、見返りを求めて下心丸出しで善い事を行っても神や仏に近付けるとは思えない。

しかし、実は結構簡単なんです!!
死後の世界は、法則によって、自分の幽体に一番ふさわしい世界に行きます。
つまり、自分の幽体を高級にすれば、法則によって勝手に高級な世界に行きます。
幽体を高級にするには、高級な幽気をたくさん吸収すれば良いです。

1分で分かる動画を作りましたので、1分間だけでも見て頂きたいです。

最近の人は1分以上の動画は見ないと聞きましたので無理やり1分間にまとめていますが、
まだまだ説明し切れていません。

是非、もっと長い動画「動画で見る『死後 高級な世界へ行く方法』
もしくは、
霊魂学の基本的な事
マンガで見る『死後 高級な世界へ行く方法』
を見て頂きたいです。

※このブログは個人の理解の範囲で書いており、会の公式な見解ではありません。

1.死後の世界の法則や仕組み

相応しい世界に行く 基本的な事

法則

死後の世界の法則

物質の世界は全て法則によって成り立っています。

ケンジ君
ケンジ君

重力とか、時間とか、縦横の長さとか?

そうです!全ての物理現象は物理的な法則によって成り立っています。

しかし、死後の世界は、物質の世界とは全く違うので、
物理的な法則で成り立っている訳がありませんよね?

死後の世界は死ぬ事がないし、食べる必要もないし、寝る必要もない。

全く違う世界なので、物理的な法則は通用しません。
死後の世界は、死後の世界の法則によって成り立っています。

例えば、死ぬことがないので、どんなに死にたくても、
死のうと頑張っても死ぬことが出来ません。
他にも、言葉がないので、テレパシーのように、想うだけで誰とでも話せるし、
動物とも話すことも出来ます。

その他、様々な死後の世界独特の法則がありますが、
人間にとって最も重要で、知っていなければいけない法則が、

死後の世界には、法則によって天国や地獄などの上下高低が存在し、
法則によって行ける世界、住める世界が決まる。

という事です。

これを知っていないと、死後に大変な事になります。

おじさん
おじさん

自分は「物質の世界の」法律を守って悪い事はしなかった!!

と後悔しても、法則は法則なので、
死後の世界の法則で下に行くような事ばかりしていれば、
当然、下の世界に行きます。

死後の世界の上下の法則

では、死後の世界の上下高低を決めてしまう法則とは一体何でしょうか?
それは
死後に使用する身体に相応しい世界へ行く
という法則です。

ケンジ君
ケンジ君

身体に相応しい世界へ行く??

それぞれの身体(肉体、幽体、霊体、神体)

幽体

実は人間には、肉体という身体の他に、『幽体』という身体もあります。

肉体という物質の体は、物質の世界で使用しますが、
死後の世界、幽質の世界では、幽質の幽体を使用して暮らす事になります。

霊体

そして更に人間は、霊体という霊質の世界で使用する身体も持っています。

しかし、霊質の世界はとても高級な世界で、霊質の存在は
人間から見ると、神や仏のような存在です。
そうした存在と人間を比べると、人間の霊体は遥かに劣り、
霊質の世界に行く事が出来る霊体ではありません。

神体

更にその上の世界には、神質の世界があり、神体という身体を使用している存在がいます。

通常の人間には、神体はありませんので、
使用する身体が無いということは、神質の世界に行く事も出来ません。

死後の世界

一般の人が行く世界

結局、一般の人々は、幽質の世界に行く事になりますが、
幽質の世界にも上下高低があります。

上は天使や菩薩のような存在が住む世界から、下は地獄と呼べるような世界があります。
そして、使用する身体である、幽体に一番相応しい世界へ行く事になります。

死後に住める世界

幽体に相応しい世界に行く

幽体の質が低く、オーラ(幽体から発せられる光)も出ず、傷だらけで不健康であれば、
死後はその幽体に相応しい、低い世界に行く事になります。

逆に幽体の質が高く、オーラ(幽体から発せられる光)もしっかりと出て、健康であれば、
死後はその幽体に相応しい、高い世界に行く事になります。

自分の幽体に相応しい世界に行く』という、とても簡単で分かりやすいと思います。

相応しい世界に行く

大きな勘違い

よく勘違いされる事が、愛の心や、感謝したり、徳を積んだり、ボランティアなどを行えば、
上の世界に行く事が出来ると思われています。

しかし、もう一度言いますが、物質の世界の法則や倫理道徳と、死後の世界の法則は、全く別なものです。

例えば物質の世界では、物を盗んだり、人を殺したりすると犯罪になり、悪い事ですが、
幽質の世界では、そもそも不自由の無い世界なので、必要なもの自体がありませんし、仮に誰かに盗まれても、直ぐに念で作り出す事が出来ます。

しかも死ぬ事もないので、人殺し自体がありません。
死んだり、自分の物を保持する必要がある物質の世界だからこそ、作られた善悪や法律や倫理道徳であって、それがそのまま死後の世界に通用する訳がありません。

だからと言って、好き勝手に生きたり、犯罪を犯しても良い訳ではありません。
物質の世界で好き勝手に生きたり、犯罪を犯せば、恨まれる事になります。
恨まれると、攻撃的な念(想念)が飛んで来て、幽体に突き刺さります。

物質の世界では、恨んでも罪になる事はありませんが、
幽質の世界から見ると、重なっている幽体から、攻撃的な念が出て、相手の幽体を傷付ける事になります。
色んな人から恨まれている人は、色んな人からの攻撃的な念が突き刺さり、
幽体が傷だらけでボロボロで、上の世界に行ける訳がありません。

傷だらけ

しかし、あくまでも幽体の状態によって決まるので、色んな人から恨まれた人でも、幽体が強くて、あまり傷付かなければ、下の世界に行かなくても済みます。

また愛とか感謝とか、徳を積んだりボランティアを行なったりする事などは、良い事ではありますが、
幽体の質が高くなったり、オーラが出るようにはなりません。

まず愛ですが、人間の愛は、まず自分が一番大事です。
自分が一番大事じゃなければ、直ぐに死にます。

世の中には、飢えで死んでいる人が大勢います。小学生でも知っている事実です。
自分が食べる分を飢えている人に全てあげれば、直ぐに死にます。

世の中には「利他愛」を語ったり、愛の心が大事とか言っている人が大勢いますが、
本当に自分よりも他人が大事であれば、死んでいるはずです。
結局、自分の食べる分はしっかりと確保しながら、「利他愛」と語っているだけです。

もし周りで愛の心は大事です!自分よりも他人を愛しなさい!と言われたら、
「飢えで死んでいる人がいる事を知っているのか?なぜ自分の食べ物をあげないのか?」と聞くと良いと思います(笑)

所詮、肉体を持っている人間の愛は、この程度の愛です。
この程度の愛を実践した所で、幽体はほとんど変わりません。
つまり、成長する事なく、自己満足するだけで、下の世界に行きます。

しかし、過去にイエス様などの偉大な方は愛を語りましたが、全く意味がないのか?と言うと、そうでもありません。
この辺りの話は基本にしては難しいので、もっと興味のある方は、

利他愛の間違い(徳を積んでも成長出来ない!?)をご覧ください。

利他愛の間違い(徳を積んでも成長出来ない!?)
一般的には、善い事をすれば天国へ行けて、悪い事をすれば地獄に行くと考えられていますが、間違いです。そもそも誰が善い悪いを決めるのでしょうか?詳しく説明をしていますので、ぜひ読んで欲しいです。あくまでも死後の上下は、法則によって決まってしまいます。

取り敢えず、人間の自己中心的な愛ではほとんど成長しないと覚えて下さい。

感謝

感謝は最近よく聞きますし、綺麗な言葉ではありますが、意味が分からないので省きます(笑)
所詮、善い人に見られたいだけにしか見えなくて気持ち悪いです(笑)

徳を積んだり、ボランティア活動

次に死後の世界で、上の世界に行く為に徳を積んだりボランティア活動をしている人をどう思いますか?

「自分が」上の世界に行く為に、「自分が」天国に行く為に、結局、自分の為に行なっているだけですよ?
下心丸出しで、未熟に見えませんか?^^;
成長出来る訳がありません。

この辺りも、今までの常識とはかけ離れて分かりにくいと思いますので、もっと詳しく知りたい方は、利他愛の間違い(徳を積んでも成長出来ない!?)をご覧ください。

利他愛の間違い(徳を積んでも成長出来ない!?)
一般的には、善い事をすれば天国へ行けて、悪い事をすれば地獄に行くと考えられていますが、間違いです。そもそも誰が善い悪いを決めるのでしょうか?詳しく説明をしていますので、ぜひ読んで欲しいです。あくまでも死後の上下は、法則によって決まってしまいます。

偽善

まとめ

結局、基本では難しい話は省きますが、
愛の心や、感謝したり、徳を積んだり、ボランティアなどを行なっても成長する事はありません。

あくまでも、死後は幽体の状態に相応しい世界に行きます。

幽体の質が低く、オーラ(幽体から発せられる光)も出ず、傷だらけで不健康であれば、
死後はその幽体に相応しい、低い世界に行く事になります。

逆に幽体の質が高く、オーラ(幽体から発せられる光)もしっかりと出て、健康であれば、
死後はその幽体に相応しい、高い世界に行く事になります。

相応しい世界に行く

ではどうすれば幽体の状態を良く出来るのでしょうか?
それは次の「2.高級な世界へ行く方法」をご覧ください。

2.高級な世界へ行く方法
死後に高級な世界へ行く為の方法です。いずれ必ず人間は死後の世界に行き、上下高低のある死後の世界で暮らす事になります。そして、上下高低は幽体の状態によって決まってしまいます。死後により上の世界へ行くには、幽体の状態を良くする必要があります。

コメント